ボストンでご一緒しませんか?

北米シーフードエキスポ2024

ボストンで開催される北米最大の水産物見本市にご参加ください。ブース番号1075にお立ち寄りいただき、水産物の持続可能性を向上させるために私たちがどのようなお手伝いができるかをご覧ください。

Why Business Should Support Small-Scale Fisheries and Co-Management

パネル3月10日(日)午後1時15分~2時、155会議室

このイベントでは、潜在的な法的リスクを回避し、漁業者が商業的サプライチェーンから十分な利益を得られるようにするため、企業が合法的な漁業権を持つ漁業者から水産物を調達することの重要性を検討します。このパネルディスカッションは、万博参加者であればどなたでもご参加いただけます。

パネリスト
  • Netuno USA、サステナビリティ&コンプライアンス・マネージャーアンドレ・ブルッガー
  • ヒュー・ゴバン、漁業透明性イニシアティブ(FiTI) 国際理事、南太平洋大学法社会科学部非常勤シニアフェロー
  • クラウディオ・ピショー、アンキュド・クラブ生産者委員会会長
  • ブルー・シーズ・フィリピン、サステナブル・マーケット・スペシャリストジョゼット・ジェニオ
サプライチェーン・ラウンドテーブル・ショーケース

共に強く:水産物の持続可能性に業界のリーダーたちがどのように影響を及ぼしているか

月11日(月)午前8時30分~10時、103会議室

水産物輸入業者または流通業者の方で、水産物の持続可能性を向上させるために同業者と協力したいとお考えですか?マヒ、イカ、タコ、キンメダイ、ハタハタ、養殖エビ、海洋食材など、最も困難な水産物セクターで何が起きているのか、よりよく理解したいとお考えですか? 

お立ち寄りください SFPのプレコンペティティブ・サプライチェーン・ラウンドテーブルの詳細をご覧いただき、持続可能な水産物の未来に影響を与えるために協力している業界のリーダーたちにお会いしましょう。

Supply Chain Roundtable Meetings

サプライチェーン・ラウンドテーブル(SR)では、同業他社の方々と一緒に、原料魚介類のベストプラクティスやその他の改善策について話し合い、来年度の戦略を策定し、作業計画を見直します。ボストンでは8つのSRが開催される予定です。詳細および連絡先については、以下をご覧ください。

会議はすべて、万博会場の真上にある103会議室で行われる。
アジアンファームドシュリンプSR
アジアンファームドシュリンプ

アジアンファームドシュリンプSR

3月10日(日)14:00~15:30

この会議では、サプライチェーンの目標と、生息地の回復や飼料原料の改良などによる温室効果ガス削減の取り組みに焦点を当てる。また、インドのアンドラ・プラデシュ州における再生養殖プロジェクトに参加する可能性についても話し合う。

アジア養殖エビSRの参加者のみ参加可能。詳細はブラドック・スピアまでお問い合わせください。

マヒマヒ
グローバルマヒ

グローバルマヒSR

3月11日(月)午後2時~3時15分

このミーティングはクローズド・セッションとオープン・セッションで構成される。クローズド・セッションは、SR参加者が2024年のSRワークプランと予算をレビューし、議論するためのものである。オープン・セッションは午後2時30分より開始され、東太平洋におけるマヒの科学的研究、貿易・生産研究の最新情報、地域管理と透明性の問題についての進展の機会が含まれる。

このオープン・セッションは、グローバル・マヒのバイヤーやサプライヤーであれば誰でも参加できる。 参加ご希望の方は、アンバー・フォン・ハーテンまでご連絡ください。

オクトパス
グローバルオクトパス

グローバルオクトパスSR

3月10日(日)12:00-13:30

このミーティングでは、最新のSR活動やワークプランの実施に関する最新情報が発表される。

最初の45分間はSR参加者に限定し、12:45以降は世界のタコのバイヤーやサプライヤーに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。詳細と参加申し込みはカルメン・ゴンサレス・バジェスまで

グローバルイカSR
グローバルイカ

グローバルイカSR

3月11日(月)12:00-13:30

このミーティングでは、SRの最新の活動やワークプランの実施状況について報告する。

最初の45分間はSR参加者に限定し、12:45以降はグローバル・イカのバイヤーやサプライヤーに興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、カルメン・ゴンサレス・バジェスまでご連絡ください。

レッドスナッパー
インドネシア産スナッパーとハタ

インドネシア産スナッパー&ハタハタSR

3月10日(日)午前9:00~10:00

この会議では、小規模漁業者の共同管理と船舶登録を支援するためのアプローチについて、現在のSR参加者とインドネシア水域協会のメンバーとの話し合いが行われる。

会議はクローズドセッションとなる。ただし、特に米国と東南アジア諸国からの新規SR参加者(輸入企業)を積極的に募集している。インドネシア産キンメダイとハタハタのバイヤーまたはサプライヤーとしてご興味のある方は、下記までご連絡ください。 アンバー・フォン・ハーテンまでご連絡ください。

メキシカンシュリンプ
メキシカンシュリンプ

メキシカンシュリンプSR

3月11日(月)15:30~17:00

この会議では、メキシコの太平洋エビ漁業における全体的な改善ニーズに焦点を当て、漁業改善活動における業界の協力を促進することを目標とします。

この会議はメキシコ産天然太平洋エビのバイヤーやサプライヤーを対象としている。参加ご希望の方はMegan Westmeyerまでご連絡ください。

ダイ
メキシカンスナッパーとハタハタ

メキシカンスナッパー&ハタハタSR

3月11日(月)10:00~11:30

この会議では、メキシコのマダイとハタハタ漁業における現在進行中の漁業改善活動のレビューと、市場国のサプライチェーンがどのように改善活動に貢献し、さらなる改善を促すことができるかについての議論が行われます。

米国、カナダ、メキシコを含む、メキシコ産マダイとハタのバイヤーまたはサプライヤーが対象。詳細および参加ご希望の方は、Megan Westmeyerまでご連絡ください。

"Proud to Work with SFP "のサインとバッジが利用可能

SFPへの支援と持続可能な水産物へのコミットメントを、サインやアートワークで表現し、万博会場に掲示してください。2つのオプションのうち、1つをお選びいただけます。

  • オリジナルのサインや資料を印刷するProud to Work with SFP "のサインやバッジのアートワークは、こちらからダウンロードすることができます。サインやその他の印刷物にアートワークを使用される場合は、その旨をお知らせください。
  • ブース用の看板をお届けします。万博の初日の朝に、1枚または複数枚の看板を印刷し、ブースまでお届けすることも可能です。看板のご注文は、こちらのフォームからお願いします。
SFPバッジとの連携に誇りを

Additional SENA sustainable seafood events

パネル米国とカナダにおけるオンデマンド漁業-サプライチェーンにおける機会と障壁

月11日(月)午前9時15分~10時、153A会議室。 このパネルディスカッションでは、米国のロブスター漁業とカナダのズワイガニ漁業を取り上げ、サプライチェーンの全レベルがどのようにオンデマンド漁具への移行を支援しているかを考察する。参加者は、漁業、加工業者、卸売業者、小売業者、NGOを代表する。

パネルマグロの透明性に関する誓約-水上モニタリングで漁業の透明性と市場価値を高める

月11日(月)午前9時15分~10時、155号室。このイベントには、マグロのサプライチェーン全体の関係者を結束させ、2027年までにすべてのマグロ漁船で100%の水上モニタリングを実現することを目的としたマルチステークホルダー・イニシアチブである「マグロの透明性に関する誓約」に署名する業界および政府のリーダーが参加する。

FIPプレゼンテーションチリ産ストーンクラブ FIP
月11日(月)午後1時15分~1時45分、103号室。 Pesca Sustenableのプレゼンテーションに参加し、チリの石ガニ漁業、市場の需要に応えるためのFIP立ち上げの取り組み、そしてチリのAncudの小規模漁業者が主導するこのFIPのサクセスストーリーについて学びましょう。

これらのイベントはすべて無料で、エキスポ参加者なら誰でも参加できる。参加に大会バッジは必要ありません。

チーム紹介

ジム・キャノン

ジム・キャノン(創業者兼CEO

Markets

イアン・ロルマーニ

グローバル・マーケッツ・ディレクターIan Rolmanis

メルセデス・メンドーサ

メルセデス・メンドーサ、アドバイザリー・サービス・ディレクター

ジェン・レヴィン ヘッドショット

ジェン・レヴィン(マーケッツ・プログラム・コンサルタント

ケイティ・ミハリク

ケイティ・ミハリック、アドバイザリー・サービス・サポート・スペシャリスト

Supply Chains

Carmen Gonzalez-Vallesのヘッドショット。

カルメン・ゴンサレス=バジェス、サプライチェーン・ラウンドテーブル・ディレクター(グローバル・イカ、グローバル・オクトパス)

デイブ・マーティンのヘッドショット

デイヴ・マーティン(サプライチェーン・ラウンドテーブル・社会問題担当ディレクター

アンバー・フォン・ハーテン

Amber Von Harten, サプライチェーン・ラウンドテーブル・ディレクター(グローバル・マヒ、インドネシア・スナッパー&グロッパー)

メーガン・ウェストマイヤーのヘッドショット

メーガン・ウェストマイヤー、サプライチェーン・ラウンドテーブル・ディレクター(メキシカン・シュリンプ、メキシカン・スナッパー&グルーパー、米国メキシコ湾シュリンプ)

Fisheries and Policy

ブラドック・スピアのヘッドショット

ブラドック・スピア、グローバル・ポリシー・ディレクター

ペドロ・フェレイロ ヘッドショット

ペドロ・フェレイロ、水産市場ディレクター

インドラニ・ラッチマン

インドラニ・ラッチマン、FIP評価・渉外プログラムディレクター

テディ・エスカラベイのヘッドショット

テディ・エスカラベイ、シニア・プログラム・マネージャー

Biodiversity and Nature

Kathryn Novakのヘッドショット

キャサリン・ノバック(生物多様性・自然保護担当ディレクター

アレクシア・モーガン

アレクシア・モーガン、オーシャン・ワイルドライフ・マネージャー

フィリップ・サンチェス ヘッドショット

Phillip Sanchez、混獲プログラム・コーディネーター

Marketing and Communications

コートニー・サカイのヘッドショット

コートニー・サカイ(マーケティング&コミュニケーション・ディレクター

Chuck Burgのヘッドショット

開発・政府関係担当ディレクターChuck Burg

エイミー・スウィーティング

エイミー・スウィーティング(シニアライター&コンテンツクリエイター

シャーロット メイデン ヘッドショット

メディアリレーションマネージャーシャーロット・メイデン