海の生き物を守る

近日公開!バイキャッチ・ソリューション・ハブ

2023年3月にスタートするこのハブは、水産業界にとって初めてのツールであり、海洋の野生生物を保護するためのベストプラクティスやイノベーションを業界主導で自主的に導入することに焦点を当てます。

持続可能なシーフードとは、サメ、海洋哺乳類、ウミガメ、海鳥などに対する漁業被害を減らすことです。 

毎年、何十万ものサメ、クジラやイルカ、ウミガメ、海鳥が商業漁業で傷つけられ、殺されている。「混 穫(非対象種の捕獲)は、海洋漁業の持続可能性に対する唯一にして最大の脅威である。

SFPは、海洋の野生生物を保護するために、業界主導の国際的な取り組みを実施しています。この初めての取り組みは、小売業者、水産物業界、そしてサプライチェーン全体を巻き込み、世界中の漁業における混獲を減らすことを目的としています。 

現実的な解決策がある

混獲を減らすための主な戦略には、以下のようなものがあります。

混獲は水産物小売業者とサプライチェーン全体に脅威を与える

野生動物の減少に寄与する水産物の生産は、持続可能な調達と保全へのコミットメントに違反します。 

海洋の野生生物に害を与えるような行為を行うと、否定的な反応や不要な世間の注目を集め、政策立案者による監視の目が向けられる。 

消費者は自然保護に関心を持っています。世論調査によると、買い物客は圧倒的に、小売業者は自社の水産物が海の野生生物に害を与えないようにするべきだ、特に生産者にはよりダメージの少ない方法で漁を行うよう求めるべきだ、と考えていることがわかります。 

SFPはBirdlife InternationalおよびWhale and Dolphin Conservationと提携し、大手小売業者の水産物サプライチェーンの混獲監査を実施し、重大な混獲リスクを抱える原料漁業の特定と、そのリスクに対処するために小売業者が取るべき行動を明らかにしています。

私たちの対話型ツール「Solve My Bycatch Problem」では、特定の種との関連性、有効性、実施の容易さ、コストに基づいて、様々な混獲の解決策を見つけ、評価することができます。

 

海の野生動物を守る」ロゴ

「アスダは持続可能な水産物に取り組んでおり、海の野生生物を保護するためにもっと努力する必要があることは分かっています。SFPのおかげで、私たちのサプライチェーンが及ぼす影響を調査し、現在、水産物サプライヤーに求める改善点が明確になりました。"

- アズダ社 サステナブル・サプライチェーン担当シニアディレクター クリス・ブラウン氏

ハイライト

どうすればいい?

海の野生生物を保護し、漁業における混獲を減らすために、どのような支援ができるのか、詳しくはこちらをご覧ください。