サプライチェーンラウンドテーブル

グローバルオクトパス

オクトパス・セクター・サステナビリティ・アップデート2021を読む。

グローバル・タコ・サプライ・チェーン・ラウンドテーブル(SR)には、世界中のタコ加工業者、輸入業者、輸出業者が参加し、主要なタコ漁業における漁業改善プロジェクト(FIP)の実施促進、FIPの進捗状況の監視、必要に応じた支援に取り組んでいます。SRの範囲は世界的なものですが、参加者は、短期的に焦点を当てるべきヒョウモンダコとアカダコの漁業と国を、モーリタニア、メキシコ、モロッコ、ポルトガル、セネガル、スペインなど優先的に定義しています。これらの国々は、既存の関心、市場への影響力、さまざまな利害関係者との国内でのつながりがあることから、持続可能な取り組みが生まれる可能性が最も高い国として特定されました。

 

SFP は、他の生産国(チリ、インドネシア、ペルー、フィリピン)において、他の種 ( O. cyanea、O. mimus、E. megocyathus ) の生産に関心を持つことを確認した。O. cyanea, O. mimus, E. megalocyathus)が収穫され、米国やEUの市場に輸出されている。megalocyathus)が収穫され、米国やEUの市場へ輸出されている。ヒョウモンダコ(O. cyanea)は、最近SRの対象に加えられた。

南欧の水産業がSRに参加することは、EUの生産を動員するために不可欠であり、タコ製品の輸入、加工、再輸出業者としての世界的な関連性から、他の影響力のある分野での改善の引き金となる重要な役割を果たす可能性がある。 

今後、T75の目標を達成するためには、中国やベトナムの漁業に関わることが重要であり、そのためには彼らの国内市場だけでなく、日本や韓国の輸出市場にも関わる必要があります。

SRの全メンバーの一覧を見る

セクター・スナップショット

6 アクティブオクトパスFIP

24 ラウンドテーブル参加企業

2 MSC認証取得のタコ漁業

4.5 % 世界のタコ生産量は改善傾向

このラウンドテーブルに参加する

このサプライチェーンラウンドテーブルへの参加、または詳細については、Carmen Gonzalez Vallesまでご連絡ください。 またはSFP(1-808-726-2582)までご連絡ください。

2024年第1四半期アップデート

  • SRには現在2人の共同議長がいる:グルポ・プロファンドのサステナビリティ・ディレクター、アントニオ・アルバレスとアングラス・アギナガ調達ディレクターのマリ・カルメン・フェルナンデスである。
  • SRは、その戦略に人権とデューデリジェンスのトピックを含めることを決定しており、参加者は2024年第2四半期中に、HRポリシーとデューデリジェンスの専門家によるトレーニングを受ける機会を得る予定である。さらに、SR は優先的な漁業や国において、具体的な人権の影響評価を行う予定である。
  • 最新版 最新のセクターレポートはこちら.
  • ボストンで開催されたSeafood Expo North Americaの期間中、SR参加企業は非公開の会合に出席し、現在の戦略について話し合った。モーリタニアSMCPの代表が、FIP実施に焦点を当てた閣僚級の行動について参加者に最新情報を提供した。
  • バルセロナで開催されるシーフードエキスポグローバルにおいて、SRはオープンミーティングを開催し、SRの活動を企業に伝え、参加を呼びかける。モーリタニアの代表がFIP活動の最新情報を提供する予定です。
  • グローバルオクトパスSRに新たな参加者が加わった:FESBA
  • 西アフリカ産タコのFishSourceプロフィールは現在検討中であり、今後数週間で更新される予定である。
  • ユカタン・タコFIPは進展しており、Aランクを維持している。
  • 新しいFIPが2月に発足した:インドネシア・スラウェシ手釣り漁業と槍タコ漁業FIPである。このFIPはFisheryProgress.orgで活動中である。 
  • SFPへのお問い合わせ O. cyaneaを調達している方で、インドネシアでの改善活動の支援にご興味のある方は、SFPまでご連絡ください。

セクターの背景

タコ部門は、すべてのタコ種(タコ科、タコ属)で構成される。タコはほとんどが冷凍で取引され、生鮮・調理・保存されたものはわずかしか取引されない。タコは自然死亡率が高く、環境条件に敏感であるため、種によっては古典的な管理対策では十分でない場合がある。世界規模では、ほとんどのタコ生産は、広い海域に広がり、多くの漁船、漁師、低負荷の漁具が関与する職人漁業によるものである。また、底引き網漁業で混獲されるタコも相当量ある。

タコ漁は職人的で地理的に分散しているため、共同管理アプローチが必要であり、国によっては基本的な漁業管理への投資が必要となる。SFPは、小規模漁業に焦点を当てた新たな戦略的イニシアチブを立ち上げ、小規模漁業者の割合が高い漁業において、共同管理アプローチを用いて漁業改善に取り組むことに特に重点を置いています。

輸出市場にとって重要な、世界的に関連性のある漁業のいくつかは、すでに評価が行われ、いくつかの管理戦略が実施されている(モロッコ、モーリタニア、メキシコ)。しかし、資源評価は定期的に行われておらず、必要な科学的確証もなく、管理にも弱点がある。さらに、これらの漁業では違法・無規制・無報告(IUU)漁業が広く行われており、制度やサプライチェーンの透明性が欠如している。

その他の重要な漁業(セネガル、南米や東南アジアの漁業)は、管理当局にとって優先事項ではなかったため、データや漁業管理が不足している。2020年には、米国市場において、特に東南アジア産のO. cyaneaに関する不当表示問題が確認された。これらの問題は、SRがバイヤーを持続可能性の取り組みに巻き込むことを妨げている。

戦略

以下は、Global Octopus SRのワークプランの活動内容と参加者の期待値です:

  1. 科学的根拠に基づく管理の改善、市場を活用した漁業の改善(モロッコ、モーリタニア、メキシコ)

現在進行中または将来の漁業改善プロジェクトの開発と適切な進捗を支援する:

モロッコ、モーリタニア、メキシコのタコ漁業については、SFP は SR と協力して従来の FIP アプローチを推進する。FIPの立ち上げと実施が不可能な場合、SRは最新のFishSourceプロファイルを維持し、特定された弱点に対処する。

 

2.市場を活用できない非管理小規模漁業の改善と不当表示問題

共同管理戦略の策定と実施により、漁業評価と管理を改善する。

参加者は、特定のFIPsにおいて、漁業者の参加と指導力強化のための関連活動を要請・支援し、サプライヤーと協力して、小規模漁業者からの調達の程度を理解するためにサプライチェーンの見直しを実施することが推奨される。

  • フィッシャーとフリート登録
  • フィッシャー組織です。

SR参加者のこうした取り組みを支援するため、SFPは共同管理の取り組みに関する資料の作成とトレーニングの提供を行います。

 

3.市場レバレッジの改善

米国、スペイン、イタリア、日本、韓国の市場において、フードサービス部門への業界エンゲージメントを拡大させる。

  • SR参加基準の強化
  • 参加者による持続可能性方針の策定と改善を支援する。

参加者を拡大するため、SFP は、SR の活動について産業界に情報を提供するためのミーティング やバーチャルウェビナーに参加し、開催する。ポリシーの策定については、SFPが提言を作成し、ポリシー策定に関する具体的なガイダンスを提供する。

 

4.人権とデュー・ディリジェンス

近年、企業の社会的責任に関する法規制は重要な高まりをみせており、今後もさらなる法規制が予想される。この機運は、2011年に国連人権理事会が「ビジネスと人権に関する国連指導原則(UNGPs)」を発表したことから始まった。この原則は、人権を尊重する責任を企業に課す自主的な国際基準である。

今後予想される新しい法規制に対応するため、UNGPsを実施し、人権デュー・ディリジェンスに取り組むことは当たり前のことになりつつあり、これを怠ると将来訴訟に発展する可能性がある。

SR参加者は、企業の社会的責任方針の策定に関する研修を受ける。さらに、SR参加者は、1)事業におけるHRデュー・ディリジェンスを実施するための適切なツールやスキームを特定する、2)主要なイカ漁・加工場におけるHR評価を開発するために専門家と協力する、3)評価から出された勧告に基づく購買手順を実施する、といった取り組みを行う。これらの行動はすべて、各社のウェブサイトに掲載される。

SR事務局(SFP)は、参加企業が上記のアクションを実施するために、以下の支援を行う。

  1. 関心のあるトピックに沿った教育・研修ウェビナーの開催
  2. 新規プロジェクトの立ち上げや、既存のイニシアティブ(HRDD、FIPなど)の協働に関して、第三者の専門家と調整する。
  3. グループ全体の戦略をサポートするファシリテーション・ツール(フィッシュソースなど)

SRサポート全般への期待

  • SR への積極的な参加 - すべての参加者は、SR の公式会議/ウェビナーへの出席、参加要請への対応、ワーキンググループへの参加などを行ってください。
  • FIPへの参加と支援- すべての参加者は、(可能な限り)FIP参加者から調達し、FIPのアクションプラン活動を支援する必要があります。漁業管理開発、共同管理、混獲関連に関連する追加プロジェクトも支援すること。
  • FIPの進捗と関連するトレーサビリティの問題を監視する。
  • イタリア、日本、韓国のバイヤーを巻き込み、業界の関与を拡大し、主要市場の代表を含める。
  • SRワークプランに同意し、SR参加フォームに記入し、毎年更新する。
  • 新規参加企業は、初回拠出金5,000米ドルを負担しなければならない。現在の参加企業は年会費(2024年度は1500米ドル)を拠出しなければならない。四半期ごとに、SFPは経費を見直し、資金を必要とする可能性のあるプロジェクトや活動を提示して承認を得る。
  • SRへの新規応募者は、現在のSRリーダー(カルメン・ゴンサレス=バジェス)宛にEメールで入会を申請し、意向表明書(GO SR statement of Intent)に賛同の上、秘密保持契約書に署名すること。

このラウンドテーブルに参加する

このサプライチェーン・ラウンドテーブルへの参加または詳細については、Carmen González-Vallésまでご連絡ください、 またはSFP(1-808-726-2582)までお電話ください。