検索結果

でフィルタリング

778件

  • メールマガジン

    SFPニュース 2015年1月号

  • 出版

    ホワイトフィッシュ・サステナビリティ・オーバービュー 2014

    SFPによる世界の白身魚セクターのサステナビリティ概観。レポートのデータアネックスはこちら
  • プレスリリース

    SFPホワイトフィッシュセクターレポートでは、改善が続けばバイオマスが増加すると試算

    持続可能な漁業パートナーシップ(SFP)は本日、白身魚漁業の現状に関する報告書を発表した。この分析では、オンラインデータベースFishSourceの評価に基づき、大西洋と太平洋の13種、51の魚種を含む、世界の天然漁獲量の約77%をカバーしている。報告書はこちらからご覧いただけます。
  • プレスリリース

    持続可能な漁業パートナーシップに新たな漁業専門家が参加

    この2人は、SFPの世界的な活動の拡大、特に主要な水産物セクター全体で大規模な改善を目指すサプライヤー円卓会議の主導に注力する中で、SFPの能力と専門性を高めることになる。 ホセ・パラジュア氏は、海洋資源と沿岸地域開発において25年以上の経験を持ち、その中には...
  • 出版

    パシフィックサーモンSFP漁業持続可能性概要2014年版

    SFPによる太平洋サケセクターのサステナビリティ概観。報告書のデータ付録はこちら
  • プレスリリース

    野生サケ漁業の年次報告書発行

    持続可能な漁業パートナーシップ(SFP)は本日、野生サケ漁業の現状に関する年次レビューを発表した。この分析では、北太平洋の5種(カラフトマス、シロザケ、ベニザケ、ギンザケ、チヌークサーモン)を対象とし、世界の天然サケ商業捕獲漁獲量の95%を占める82の主要な太平洋サケ漁業を対象としている。
  • ブログ記事

    ロシア産の違法なカニの取引を削減

    世界自然保護基金(WWF)はこのほど、ロシア極東(RFE)における違法・無報告・無規制(IUU)のカニ漁に関する報告書を発表した。 報告書は、違法なカニ漁の重大な問題を浮き彫りにし、違法なカニが市場に出回るいくつかの経路を記録している。 特に、報告書は貿易統計を分析し、次のように結論づけている。
    コールドウォータークラブ
  • ブログ記事

    スリランカのマグロ。現地からの最新情報

    FIPをうまく運営するには、多くの計画が必要である。広範な組織化や会議のほかに、FIPの参加者はしばしば個人的な実地努力を重ねる。スリランカマグロFIPはその良い例です。私たちは最近、FIPの進捗状況に関する最新情報を...
    おおとろ
  • プレスリリース

    FRINSA、スペインの缶詰工場として初めてSFPと積極的に提携

    リベイラ(ラ・コルーニャ県)に主要工場を持つガリシアの缶詰工場FRINSAは、持続可能な漁業の推進と海洋環境の保全を専門とする非政府組織Sustainable Fisheries Partnership(SFP)と、この分野で初めて手を組んだスペイン企業となった。
  • メールマガジン

    SFPニュース 2014年10月号