再生水産養殖の推進

NEW!SFP養殖飼料ソリューションツールキット

複合養殖飼料とその原料に関連する気候変動、生息地、生物多様性のリスクに取り組む方法を学びましょう。私たちのツールキットでは、ツールの種類、リスク、飼料原料、または地域によってフィルタリングされたツールや組織を検索することができます。

世界の水産物量の半分以上は養殖で、養殖は過去30年間で500%以上の成長を遂げました。

水産養殖は、発展途上国の多くの小規模農家を含め、何百万人もの人々を支えています。

SFPは、持続可能な水産養殖のための枠組みをロードマップとして、国際市場、水産物サプライチェーンの中間、漁師や地域社会を巻き込み、養殖水産物の信頼性と安全性の確保に取り組んでいます。 

アジアを中心に

私たちはまず、中国、インド、インドネシア、タイ、ベトナムなど、アジアの主要な養殖国に焦点を当てます。 これらの国々では、生産者、NGOパートナー、産業界、政府と協力し、環境的に持続可能な生産のための新しい枠組みやツールを作り、農家を荒廃させている病気の発生を食い止めるために活動しています。

これらの活動は、アジア産養殖エビの北米および欧州の主要な輸入業者を含む業界主導の連合体、「アジア産養殖エビ・サプライチェーン・ラウンドテーブル」によって支えられています。

私たちは、土地や水域の保護と動物福祉の向上に努め、過去に私たちのサプライチェーンを混乱させた病気の発生を減少させています。SFPの持続可能な水産養殖のためのフレームワークとアジア養殖エビのSRは、これらの問題への取り組みで実証的な進歩を遂げている地域から調達する機会を与えてくれます。"

- Fortune Fish & Gourmet社マーケティングディレクター兼サステナビリティコーディネーター、アジア養殖エビサプライチェーンラウンドテーブルの業界議長であるStacy Schultz氏

ハイライト

持続可能な未来を実現するために

再生可能な水産養殖の推進を支援する方法については、こちらをご覧ください。