グローバル・サーモン・イニシアティブ(GSI)

グローバル

ツールタイプ

改善点|リスクアセスメント

リスク・タイプ

気候変動|環境

飼料原料

藻類細胞の図面

藻類

鶏の線画

動物性タンパク質(LAP/PAP)

魚の骨格のリンク図

養殖トリミング

麦の小枝の線画

穀類

昆虫の幼虫の線画

昆虫

油滴のついた手のひらの線画

オイルパーム

DNAと分子構造の線画

単一細胞タンパク質(SCP)

大豆のさやの線画

大豆

ビタミン・ゲル・カプセルの線画

ビタミン&ミネラル

魚の線画

天然捕獲漁業

それは何ですか?

グローバル・サーモン・イニシアティブ(GSI)は、世界の養殖サーモン部門の約40%を代表し、環境フットプリントを最小限に抑え、社会的・経済的貢献を継続的に向上させながら、増加する人口に健康的で持続可能なタンパク源を供給するというビジョンを共有する世界中の養殖サーモンCEOによって設立されたリーダーシップ・イニシアチブである。

世界的な協力と研究、資源のプール、知識の共有を通じて、GSIは、社会的責任、環境への影響、社会貢献の面で業界全体を大きく改善することを目指している。 

重点分野は以下の通り:

  • ASC認証
  • カーボンフットプリント;
  • 持続可能な飼料;
  • バイオセキュリティ;
  • 社会的責任、
  • 水産養殖の未来。

改善 - 持続可能な飼料

準会員であるバイオマー社、カーギル社、スクレッティング社、サルモフード社とのパートナーシップとASCとの協力を通じて、GSIは、環境パフォーマンスにおける業界のリーダーとしての地位を維持しつつ、飼料原料の持続可能性を向上させるための新たなソリューションとアプローチの開発を加速させたいと考えている。

持続可能な飼料に重点を置くGSIの会員は、オキアミの持続可能な調達、飼料原料の革新、飼料魚依存率(FFDR)と飼料要求率(FCR)の改善、副産物の利用の最適化、オメガ3脂肪酸の代替供給源の発見、ASC飼料規格のサポートに注力している。 

100%ASC認証を達成するというGSIの使命の一環として、会員はこの追加基準を責任ある調達慣行に取り入れる。

なお、ASC認証農場は2025年10月までに、ASC飼料基準に基づいて生産されたASC適合飼料に移行し、引き続きASC農場基準を満たす必要がある。

会員および提携飼料会社は、サプライチェーンの透明性を高め、すべての原料が責任を持って調達されていることを保証するための枠組みとして、この規格を使用する。

飼料原料の調達

GSIメンバー企業は、フィード・アソシエイト・メンバーとともに、以下のことに取り組んでいる:

  • すべてのオキアミが、南極海洋生物資源保全委員会の定める漁獲制限に沿った厳格な監視のもとで、資源保全のために責任を持って捕獲されることを保証すること。混獲のいかなる事例も容認できないものであり、新たな事故を防止し、責任ある慣行が損なわれないようにするため、認証機関によるプロセスやベストプラクティスの即時変更につながるものでなければならない。
  • マリントラストまたはMSC認証の南極オキアミのみを調達。
  • 南極の禁漁区を含む海洋保護区の創設を支援する。
  • 藻類など、オキアミがもたらす栄養上の利点を再現する代替原料の評価を継続する。
  • ASC飼料規格と協力し、すべての飼料原料が責任ある飼料会社のみから調達されていることを保証する。

GSI会員および飼料会社はまた、持続可能で責任ある大豆調達を確保するため、企業および業界レベルでいくつかの政策やイニシアティブを支持し、参加している。

これには以下が含まれる:

  • 森林破壊のない大豆とパーム製品の調達と購入 責任ある大豆に関する円卓会議(RTRS), プロテラまたは同等の認証製品
  • GSIメンバーの多くは、以下のような第三者プロジェクトと提携している。 セラード宣言責任ある大豆の円卓会議.
  • GSIのメンバーの何人かは、ブラジルのアマゾン大豆モラトリアム(ASM)を明確に支持すると表明している。 
  • また、ProTerra社やブラジルの大豆生産者と協力し、責任ある大豆生産へのコミットメントを示すメンバーもいる。 ブラジルからの持続可能な大豆調達に関する水産養殖対話」グループグループでは、トレーサビリティ、透明性、サプライヤー行動規範、森林破壊の改善について議論している。
  • メンバーには、社内教育、ジオマッピング、使用する大豆の産地とその地域における森林破壊のリスクを特定するためのリスク評価など、それぞれのプロジェクトや取り組みもある。
  • ASCの ASCは、大豆を含む飼料原料に関するガイダンスと報告を含む新しいASC飼料基準を開発した。100%ASC認証取得を目指すGSIの使命の一環として、会員はこの追加基準を責任ある調達慣行に取り入れる予定である。

気候変動

国土地理院の会員はまた、事業とサプライ・チェーン全体で二酸化炭素排出量の削減に取り組んでいる。彼らは WWFと協力し、サケ養殖セクターのための標準化された温室効果ガス算定枠組みを確立し、それをより広範な養殖セクターに適用している。

標準化された会計と整合のとれたデータ収集を通じて、削減の機会を特定し、国土地理院の事前競争モデルを使用して、より良い実践と教訓を共有し、削減を加速させる。

を使用しています。 製品環境フットプリント区分規則 (PEFCR)を用いている。

また、持続可能な貿易イニシアティブである IDH と提携し、以下を通じたデータ収集も試験的に行っている。 IDH水産養殖ワーキンググループの環境フットプリントツールによるデータ収集を試験的に行っている。