バルセロナのSFP

シーフード・エキスポ・グローバル2024

世界最大の水産物見本市、シーフード・エキスポ・グローバルが今年も4月23日から25日までスペインのバルセロナで開催されます。エキスポでの私たちのイベントや活動についての詳細は下記をご覧ください。スタンド#3N502へのご来場をお忘れなく。
シーフードエキスポ グローバルロゴ
シーフードエキスポグローバル2024ブース番号図

小規模漁業の輸入とEUの新しいデューディリジェンス法制への影響

パネル4月24日(水)午後2時~2時45分、CC5.2号室

あなたの水産物は、合法的な漁業権を持つ漁師から仕入れていますか?

今度のEUデューデリジェンス法は、漁業者や漁船が未登録であったり、人権や労働条件が十分に尊重されていない漁業から輸入された水産物を販売する企業に対する法的な影響を拡大することになります。本パネルでは、この法律が水産物産業にもたらす課題と機会を検証する。

パネリストは以下の通り:

  • エンリケ・アロンソSFPグローバル漁業ディレクター
  • ホセ・アルバラド フアライフエ職人漁業協会会長
  • ヤゴ・ドソンイベロスター・グループ、ブルー・フーズ・スペシャリスト
  • フランチェスカ・ペレッティ、バリューチェーン・貿易・投資担当リーガル・エキスパート、Client Earth

ジャンボ・トビイカ持続可能な未来へ向けて共に努力する

4月24日(水)午後3時~4時、CC4.4号室
ジャンボトビウオ漁業(JFS)は、世界最大級の職人漁業です。この漁業への職人的生産者と加工業者の参加と関与は、過去数年にわたる漁業管理の重要な進展に貢献してきました。
各地域の生産者・加工業者団体の代表者と一緒に、国や地域レベルでのJFS管理改善への取り組みについて学びましょう。講演者は以下の通りです:
  • SONAPESCAL(ペルー職人漁業協会)は、職人的なマヒマヒ漁業とジャンボイカ漁業における最大の漁業組織で、1,300隻以上の漁船を代表する7つの漁業組合で構成されている。
  • CAPECAL(ペルー・ジャンボ・スルメイカ商工会議所)は、ペルーからのジャンボ・スルメイカ輸出額の50%以上を占める17のペルー・スルメイカ加工会社のグループである。
  • カラマスール(チリ、エクアドル、メキシコ、ペルーのイカ生産者、加工業者、輸出業者のグループ。
このイベントはSFP、WWF、PromPeruの支援を受けています。万博参加者であればどなたでも無料でご参加いただけます。参加に大会バッジは必要ありません。
ペルー 女性漁師

新しい水産養殖飼料ソリューション・ツールキットの詳細はこちら

毎日13:00~14:00、スタンド3N502

貴社は養殖サーモンや養殖エビの小売業者またはサプライヤー、あるいは養殖飼料会社ですか?

エキスポ会期中の午後にはSFPのブースにお立ち寄りいただき、当社の新しい養殖飼料ソリューション・ツールキットの詳細をご覧ください。SFPの水産養殖・飼料チームのメンバーが、水産養殖用飼料の環境や気候変動への影響を軽減するための目標やニーズについてご相談に応じます。

養殖飼料

サプライチェーン・ラウンドテーブル・ミーティング

グローバル・イカ・サプライチェーン・ラウンドテーブル、4月24日(水)10:00-11:15 a.m、ルームCC4.4、登録はこちら
グローバル・オクトパス・サプライチェーン・ラウンドテーブル、4月24日(水)11:30 a.m.-12:30 p.m.、CC4.4号室、参加登録はこちら

イカやタコの分野で何が起きているのか、もっと理解したいとお考えですか?

イカやタコを供給し、イカやタコのバリューチェーンにおける大きな課題に取り組もうとお考えの輸入業者や流通業者の方はいらっしゃいませんか?

SFPのプレコンペティティブ・サプライチェーン・ラウンドテーブルの詳細と、イカとタコの未来に影響を与えるために協力している業界のリーダーたちに会うために、ぜひお立ち寄りください。

両会議は一般公開されて いる。世界のタコやイカのバイヤーやサプライヤーで関心のある方はぜひご参加ください。 問い合わせ先 SFPサプライチェーン・ラウンドテーブル・ディレクター カルメン・ゴンサレス・バジェス までご連絡ください。

サプライチェーン・ラウンドテーブル参加者ロゴ 2024

"Proud to Work with SFP "のサインとバッジが利用可能

SFPへの支援と持続可能な水産物へのコミットメントを、サインやアートワークで表現し、万博会場に掲示してください。2つのオプションのうち、1つをお選びいただけます。

  • オリジナルのサインや素材を印刷するProud to Work with SFP」のサインやバッジのアートワークは、こちらからダウンロードできます。サインやその他の印刷物にアートワークを使用される場合は、ぜひお知らせください。
  • ブース用のサインをお届けします:また、1枚以上の看板を印刷し、万博初日の朝にお客様のブースへお届けすることも可能です。このフォームにご記入の上、ご注文ください。

チーム紹介

ジム・キャノン

ジム・キャノン(創業者兼CEO

Markets & Advisory Services

イアン・ロルマーニ

グローバル・マーケッツ・ディレクターIan Rolmanis

メルセデス・メンドーサ

メルセデス・メンドーサ、グローバル・マーケッツ副ディレクター/アドバイザリー・サービス・ディレクター

マーティン・ベロ

マーティン・ベロ、アドバイザリー・サービス・サポート

ディアグストビー ヘッドショット

ディアグ・ストビー、データシステム・ディレクター

Fisheries & Policy

ブラドック・スピア

ブラドック・スピア、グローバル・ポリシー・ディレクター

エンリケ・アロンソのヘッドショット

エンリケ・アロンソ、グローバル漁業ディレクター

ペドロ・フェレイロ

ペドロ・フェレイロ、水産市場ディレクター

ステファニー・ロハス

ステファニー・ロハス、プログラム・コーディネーター

Supply Chain Roundtables, Aquaculture, and Development

デイブ・マーティン

デイヴ・マーティン(サプライチェーン・ラウンドテーブル・社会問題担当ディレクター

Carmen Gonzalez-Vallesのヘッドショット。

カルメン・ゴンサレス=バジェス、サプライチェーン・ラウンドテーブル・ディレクター(グローバル・イカ、グローバル・オクトパス)

ポール・ブルコックのヘッドショット

ポール・ブルコック、水産養殖情報マネージャー

クリスティーナ・ウルシー・デイヴィス

クリスティーナ・ウルシー・デイヴィス(欧州財団関係ディレクター