フランスの大豆宣言

フランス

ツールタイプ

コミットメント

リスク・タイプ

気候変動|環境

飼料原料

藻類細胞の図面

藻類

鶏の線画

動物性タンパク質(LAP/PAP)

魚の骨格のリンク図

養殖トリミング

麦の小枝の線画

穀類

昆虫の幼虫の線画

昆虫

油滴のついた手のひらの線画

オイルパーム

DNAと分子構造の線画

単一細胞タンパク質(SCP)

大豆のさやの線画

大豆

ビタミン・ゲル・カプセルの線画

ビタミン&ミネラル

魚の線画

天然捕獲漁業

それは何ですか?

大豆に関連する輸入森林破壊と闘うためにフランスの関係者を動員する」宣言。

ミミズ財団のマニフェストは、できるだけ多くの利害関係者(実業家、食品メーカー、輸入業者、公的機関など)を同じ約束のもとに集め、従来の認証制度にとらわれない責任ある大豆へと市場をシフトさせることを目的としている。

ZDC(Zero Deforestation or Conversion:森林破壊・転換ゼロ)の方法論は、アースワームが開発した方法論であり、マニフェストの署名者が認めている。 輸入森林破壊と闘うフランスの国家戦略 SNDI.

主な公約は以下の通り:

  • 2020年1月1日のカットオフ・デートを支持する- 2020年1月1日という利害関係者共通のカットオフ・デートを速やかに設定し(カットオフ・デート)、この日以降に森林伐採/転換された地域から輸入される大豆は、合法・違法を問わず一切禁止することを支持する;
  • サプライヤーの動員- 仕様書に期限を考慮した契約上の非転換/脱植林条項を盛り込むことにより、サプライヤーを動員する;
  • 責任ある大豆調達の達成- 最終的には、SNDIの期待に応える100%の大豆供給を達成する。すなわち、輸入大豆が合法的または違法な森林破壊・転換行為に関連していないことを、期限に基づく物理的管理によって保証できるようにする;
  • リスク・エクスポージャーの追跡- フランスの大豆輸入に関連する森林破壊リスクを評価するためのSNDIダッシュボードを使用して、大豆に関連する輸入森林破壊リスクへのエクスポージャーを監視する;
  • 景観プロジェクトの実施における協力- 可能であれば、生産国における責任ある大豆生産のための解決策の実施に協力する、
  • 個人行動計画の報告- このコミットメントの実行を確実にするため、個別の行動計画を報告する。

このアプローチは、欧州レベルまで拡大することを目指している。